住宅のバリアフリー化を推進する情報サポートサイト

住宅バリアフリー化の値段の相場

バリアフリーへの住宅リフォーム

住宅のバリアフリーリフォームの要点は、ユニバーサルデザインの万人が使いやすいという思想と重なりますが、年齢を問わず使いやすい住宅環境を整える事こそが主眼に置かれたもので、いくつか具体例を提示していくと、幼児や高齢の方の転倒原因になる段差の解消を代表に、ドアの引き戸化、ドアノブのレバー型への変更、廊下・浴室・トイレ等の拡幅、各所への手すりの設置といった改装を施すのが一般的でしょうか。

いずれのバリアフリー化も幼児や高齢の方が生活しやすくなることはもちろんのこと、それ以外の年代の方にとっても生活を阻害することは無く、生活しやすい住環境を構築するための工夫であることから、資金面で問題が無ければ施しておいて損はありませんし、元々がユニバーサルデザインに基づいて設計されている住宅であれば、要するリフォームは最小限に留められるはずです。

住宅のバリアフリー化にかかる値段の相場

一般的に業者による住宅のバリアフリー化は、小規模な施工と大規模な施工に二極化する傾向を持ち、低額の一〇〇万円~二〇〇万円が相場の約三割を占め、同じく高額の一〇〇〇万円以上が相場の約三割、残る三〇〇万円~九〇〇万円が残りを占める形となることから、最低額と最高額の中間となる約五〇〇万円を相場とするのが無難でしょう。

ただ、何事にも例外はつきもので、工事を要するほどのバリアフリー化を施工しない場合は、業者への依頼を必要とすることなく、ベースとなる住宅がバリアフリーやユニバーサルデザインに基づいていたり、それに準ずる作りをしていたりするなら、段差解消用の簀子、ドアや窓の鍵並びにドアノブの交換など、ホームセンター等を利用することで低予算での解決が可能な場合もあります。


この記事をシェアする