住宅のバリアフリー化を推進する情報サポートサイト

リフォームと建替はここが違う

リフォームで家を住みやすく

古くなった自宅や中古の住宅をリフォームして、住みよい家にというのはありふれており、そう珍しくも無い話ですが、そもそもリフォームが何を指すかというと、住宅のベースとなる部分には手を加えることなく、外装や内装に修繕を施すことや、増改築によって部分的にスペース等の拡張を図ることを主体に、居住者の希望に合わせてベースから乖離しない範囲で住宅を再構築することがリフォームということになります。

部屋の模様替えや生活を送る上で邪魔になる障害を取り除くような行為も広義ではリフォームに当たり、一口にリフォームといっても千差万別ですが、住宅の根幹部分に手を加える事が無いことは共通しているので、既存の住宅をベースとして住宅環境を構築し直す行為は基本リフォームと見做して構いません。

建替とリフォームの違い

既存の住宅をベースに住宅環境を再構築する行為がリフォームであるなら、建替は既存の住宅のベースを含む全てを構築し直す行為になるため、実質的に新規の住宅を建築することと同義であり、リフォームと比べるとその手間も費用も段違いにかかる行為です。

建替は、住宅の既存部分の一切を残さないがために、リフォームと比べるとはるかに自由度の高い住宅に住めるという点において勝っているものの、費用面での負担はもちろんのこと、施工に際し、地理的に建築基準法を満たしていることをはじめ、複数の制約を伴うことから、住宅改装の自由度は上げられても、柔軟性でリフォームに劣るという欠点もあるなど、リフォームと建替のどちらかに優劣があると考えるよりも、居住する住宅の地理的状況と準備できる資金の双方を踏まえての選択をお勧めします。


この記事をシェアする