住宅のバリアフリー化を推進する情報サポートサイト

バリアフリー住宅の需要と補助金

バリアフリー化の目的と効果

住宅等をバリアフリー化する基本的な目的は、居住者の年齢や心身の状況に左右されることなく居住に適した環境を構築することで、居住者の生活を円滑化すること、すなわち、居住者が生活しやすいように住居から障害になり得るものを取り除いたり、障害にならないように何らかのフォローを行ったりすることです。

バリアフリー化を行うことで、高齢化によって体の自由が利きにくくなった方や先天的・後天的を問わず身体に障害を負った方が生活するに当たり、妨げになりやすいものが取り除かれるため、加齢や心身の状態を問わず生活が送りやすい居住環境の基礎が構築され、様々な方が自律的な生活を継続していくことを補助する効果が見込めるでしょう。

ユニバーサルデザインとの相違

建設関係の話で片方が話題に上がるともう片方も話題に上がりやすい上に、最終的な結果が酷似することから、混同されやすい傾向にあるバリアフリーとユニバーサルデザインですが、相違点として建設においてのバリアフリー化は対応であるのに対し、ユニバーサルデザインは基本思想である点、高齢者や障害のある方が対象であるバリアフリーに対して、障害のある方自身がある種の忌避感を持ったことから生まれたユニバーサルデザインが万人を対象としている点などを踏まえると、実際に思想面に基づいての相違が主となっていることが窺えます。

若干分かりにくいかも知れませんが、バリアフリーあるいはユニバーサルデザインを専門的に学ぶ方を除き、両者の違いは、端的に設計上の出発点がどの視点に立ってのものか程度の理解で十分です。


この記事をシェアする